当店の安心お買い物サービス
7日間返品サービス
全品送料無料でお届け
アフターサポート
スピード対応
お問い合わせフォーム

安心してお買い物していただく為に7日間返品サービス

Calendar Loading

定休日 : 日曜日

自転車の種類
自転車の各部名称

スタッフブログ

美術協力・メディア
チャレンジ25
チームキープレフト
自転車通販のバーグクラバットはチームキープレフトに賛同しています。

バーグクラバットトップページ > 自転車の選び方

自転車の選び方

自分の身長に合わせて安全なサイクルを楽しみましょう!

自転車選び(特にロードバイク)をする際の第一歩はサイズです。
一般車と違い、細かくサイズが設定されています。
特にロードバイクは2cm単位でラインナップされるなど、初めて購入を考える人に対して敷居がたかくなっていますよね?

ここではロードバイクを例にして、自分の体に合うサイズがわかります!
自転車購入時は要注意なのですが、メーカーやモデルによって用意されるフレームサイズが違います。
メーカーによって適応身長は変わってきますので、詳しくはお問い合わせください。

下の表を大まかな目安にして頂いても良いと思います。 

フレームサイズ

MTBとクロスバイク

フレームサイズ 適応身長
340mm 135〜155cm
360mm 140〜160cm
380mm 145〜165cm
400mm 150〜170cm
420mm 155〜175cm
440mm 160〜180cm
460mm 165〜185cm
480mm 170〜190cm
500mm 175〜195cm
530mm 180〜200cm

ロードバイク

フレームサイズ 適応身長
490mm 158〜168cm
520mm 165〜173cm
540mm 173〜182cm
560mm 178〜185cm
580mm 183〜191cm

一般車

フレームサイズ 適応身長
14インチ 95〜114cm
16インチ 101〜119cm
18インチ 106〜123cm
20インチ 114〜137cm
22インチ 126〜145cm
23.5インチ 134cm以上
24インチ 137cm以上
26インチ 140cm以上
27インチ 150cm以上
28インチ 156cm以上

各タイプの特徴

  ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク
タイプ ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク
舗装路 ◎
タイヤが細く路面抵抗が 少ない
◎
快適
△
タイヤが太く路面抵抗が 大きめ
市街地 ○
道路の段差でパンクし易い
○
サスペンション付きあり
○
サスペンション付きで快適
オフロード △
苦手
△
一応走れる
◎
本領発揮
備考 車道オンリー ライトスポーツ系 舗装路は摩擦抵抗多め

知っておこう!豆知識

フレーム形状の種類

ロードバイクのフレームには 「ホリゾンタル」「スローピング」 という二つの種類が存在します。

ホリゾンタルフレーム

自転車のトップチューブが地面に対しておよそ平行に伸びているフレームを指します。
特徴として、フレームの三角形が大きく取れる分、疲れづらい特徴があります。
チューブが長いことから振動吸収性にやや優れると言われてますが、反面、素材を多く必要とするために重量的にはスローピングフレームに対して重い傾向があります。
ロードバイクらしいルックスから、ファンが多い魅力の1つでもあります。

ホリゾンタルフレーム
スローピングフレーム

トップチューブがサドル側に行くほど斜めに下っていて、現在主流のフレームです。特徴として、フレームの剛性向上、軽量化・低重心化があり、身長の低いライダーも乗車可能になるという利点、メーカー側には細かなフレームサイズを多種用意する必要がないという利点があります。
ただ、サスペンションがなければショック吸収性はホリゾンタルフレームに対して劣るという欠点も存在します。

スローピングフレーム

フレームサイズ

フレームの長さをチェック
フレームの長さをチェック

自転車のフレームサイズは、インチ、ミリ、S、M、Lなどで表されますが、これはBB(ボトムブラケット)と言って、クランクを取り付けているベアリングセットの中心軸からシートチューブ上端までの長さを表記しています。

メーカーによっては計測部位が違ったりしますが、大抵のメーカーは「BB中心軸〜シートチューブ上端」を基準としてフレームサイズを表しています。

トップチューブの長さをチェック
トップチューブの長さをチェック

フレームサイズが決まったら、 次はトップチューブの長さをチェックしてください。
最近はスローピングフレームが人気で、 510mmと440mmの自転車のトップチューブが全く同じ 長さで、小さいサイズの自転車を買ったつもりが ハンドルにギリギリ手が届く大き過ぎる自転車であったりする事がありますから要注意です。

材質

フレームの材質 ハンドルの材質
フレームの材質
スチール(鉄)

一般車のほとんどがスチールフレーム(鉄)になります。スチール(鉄)でも塗装がしてあるので、サビに関しては傷がつかない限り問題ありません。

アルミフレーム

アルミフレームは軽く、軽快に走ることができます。またアルミだからといってサビないわけではありません。スチールのような茶色いサビではなく、白いサビが出ます。

ハンドルの材質
塗装スチール(鉄)

ほぼ黒く塗装されており、すぐにはサビないのですが、時間が経って傷がつくとサビます。

メッキスチール(鉄)

シルバーで表面がいぶし銀な色になります。塗装よりも長持ちでサビにくいです。

ステンレス

ピカピカで鏡のように見えますが、スチールと比べると少し金色っぽい色になります。ステンレスは通常サビません。(サビが移ることはあるが、すぐに取れます。)

アルミ

ちょっといぶし銀な色になり、塗装スチールに似ています。 軽く、鉄みたいなサビ方はしませんが、酸化して白くなります。

早速、探してみよう!